https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png
作文の書き方

大手通信教育会社で長年小論文の添削指導を行っていた高橋順子が正しい作文の書き方を伝授します。

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

作文の書き方〜就職試験編

近年、就職試験に作文を課す企業が増えています。 私は以前、就職希望者対象の作文模擬試験を添削したことがあるのですが、「皆さん苦戦しているな。」という印象を受けました。実際、作文は苦手という人も多いようです。 そこで、作文試験を乗り越えるために注意すべきことをまとめてみました。

近年、就職試験に作文を課す企業が増えています。 私は以前、就職希望者対象の作文模擬試験を添削したことがあるのですが、「皆さん苦戦しているな。」という印象を受けました。実際、作文は苦手という人も多いようです。 そこで、作文試験を乗り越えるために注意すべきことをまとめてみました。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

作文の書き出し〜読み手を魅了するテクニック

作文の書き出しが大切な理由、それはズバリ「読み手の心を掴む」ためです。 作文のコンクールや、学校の先生に作文を提出したときのことを想像してみてください。 審査員や先生は「嫌になる程多くの作文を読まなければならない」のです。 そのため、冒頭を読んだだけで「この作文は面白くない」と判断されるとそれが評価に直結してしまいます。 逆に、冒頭部分で「この作文は面白そうだ」と思わせれば、評価が高くなるということですね。 それでは、どんな書き出しが読み手を魅了するのか具体的に見ていきましょう。

作文の書き出しが大切な理由、それはズバリ「読み手の心を掴む」ためです。 作文のコンクールや、学校の先生に作文を提出したときのことを想像してみてください。 審査員や先生は「嫌になる程多くの作文を読まなければならない」のです。 そのため、冒頭を読んだだけで「この作文は面白くない」と判断されるとそれが評価に直結してしまいます。 逆に、冒頭部分で「この作文は面白そうだ」と思わせれば、評価が高くなるということですね。 それでは、どんな書き出しが読み手を魅了するのか具体的に見ていきましょう。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

高校入試の作文について〜一般入試

最近は、公立高校の入試問題にも作文があります。 というと、とくに保護者の皆さんは驚かれるかもしれません。 ただし、一般入試の作文試験は推薦入試のものとは違います。 推薦入試の作文試験は単独で行われますが、一般入試は国語の試験に組み込まれているのです。 「なんだ〜」と思われましたか? しかし、侮ってはいけません。 一般的に作文の問題は配点が高いので、合否を分ける可能性もあります。 しっかり準備しておきましょうね。

最近は、公立高校の入試問題にも作文があります。 というと、とくに保護者の皆さんは驚かれるかもしれません。 ただし、一般入試の作文試験は推薦入試のものとは違います。 推薦入試の作文試験は単独で行われますが、一般入試は国語の試験に組み込まれているのです。 「なんだ〜」と思われましたか? しかし、侮ってはいけません。 一般的に作文の問題は配点が高いので、合否を分ける可能性もあります。 しっかり準備しておきましょうね。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

制限時間内に作文を仕上げるコツ〜作文試験を乗り越えよう!

作文試験の制限時間は、文字数にもよりますが大体30分から90分程度です。 試験の場合は、文字数に対して十分な時間を設定してあるのですが「時間が足りない」と感じる人も多いようです。 作文試験では、制限時間内に作文を書き終えて見直しもしなければなりません。 慣れていないと時間が足りなくなるのも無理はありません。 そこで、制限時間内に作文を仕上げるコツをご紹介します。

作文試験の制限時間は、文字数にもよりますが大体30分から90分程度です。 試験の場合は、文字数に対して十分な時間を設定してあるのですが「時間が足りない」と感じる人も多いようです。 作文試験では、制限時間内に作文を書き終えて見直しもしなければなりません。 慣れていないと時間が足りなくなるのも無理はありません。 そこで、制限時間内に作文を仕上げるコツをご紹介します。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

作文NG集〜作文試験で注意すべき点は?

最近は、中学・高校入試でも作文試験を課すところが増えてきました。 みなさんも何年か先には、作文の試験を受けることになるかもしれません。 一方で、作文試験で失敗した!という話はよく聞きます。 そこで、作文試験でやってはいけないことをまとめてみました。

最近は、中学・高校入試でも作文試験を課すところが増えてきました。 みなさんも何年か先には、作文の試験を受けることになるかもしれません。 一方で、作文試験で失敗した!という話はよく聞きます。 そこで、作文試験でやってはいけないことをまとめてみました。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

作文の結論部分を印象深いものにするコツ

作文において、結論部分は書き出しと同じように大切です。 結論部分はなぜ大切なのでしょうか? なぜなら結論部分がよく書けていると、評価が上がる可能性が高いからです。 実際、添削をしていても結論部分がよければ「この作文は、よく書けている。」と感じます。結論部分は、作文の集大成とも言えますので書き出しと同様、力を入れて書きましょう。 コンクールの審査員や学校の先生は、たくさんの作文を読みます。そのため、たとえ結論部分がよく書けていたとしても、みんなと同じような内容の作文だと印象に残りません。 高い評価を得るためには、結論部分が印象的な作文を書かなければならないというわけです。 それでは、印象的な結論部分にはどのようなものがあるかを具体的に見ていきましょう。

作文において、結論部分は書き出しと同じように大切です。 結論部分はなぜ大切なのでしょうか? なぜなら結論部分がよく書けていると、評価が上がる可能性が高いからです。 実際、添削をしていても結論部分がよければ「この作文は、よく書けている。」と感じます。結論部分は、作文の集大成とも言えますので書き出しと同様、力を入れて書きましょう。 コンクールの審査員や学校の先生は、たくさんの作文を読みます。そのため、たとえ結論部分がよく書けていたとしても、みんなと同じような内容の作文だと印象に残りません。 高い評価を得るためには、結論部分が印象的な作文を書かなければならないというわけです。 それでは、印象的な結論部分にはどのようなものがあるかを具体的に見ていきましょう。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

作文・構成のコツ〜作文が苦手な人でもサッと書けるようになる!

先日、「作文は好きですか?」と知り合いの子供たちに聞いてみました。 その結果、大半の子から「作文は嫌い!」という答えが返ってきました。 彼らが作文を嫌いな理由は、「書けないから」だそうです。 それでは「なぜ書けないのか」を考えてみましょう。 書けない理由を追求することで、「書けるようになるには何をすれば良いのか」が分かります。

先日、「作文は好きですか?」と知り合いの子供たちに聞いてみました。 その結果、大半の子から「作文は嫌い!」という答えが返ってきました。 彼らが作文を嫌いな理由は、「書けないから」だそうです。 それでは「なぜ書けないのか」を考えてみましょう。 書けない理由を追求することで、「書けるようになるには何をすれば良いのか」が分かります。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

高校入試の作文について〜推薦入試

高校の推薦入試は、内申書と面接、そして作文試験で合否が決定します。 内申がいくら良くても面接や作文試験で不合格になるケースもあるそうですから、油断大敵ですね。 面接は学校や塾の先生に面接官役になってもらって、何度か練習すれば大丈夫ですから安心してください。 そうすると、最大の関門は作文。 「作文なんてどうやって対策すればわからない。」という人も多いかもしれません。 ここでは、作文試験を乗り越えるためのポイントと対策を解説します。

高校の推薦入試は、内申書と面接、そして作文試験で合否が決定します。 内申がいくら良くても面接や作文試験で不合格になるケースもあるそうですから、油断大敵ですね。 面接は学校や塾の先生に面接官役になってもらって、何度か練習すれば大丈夫ですから安心してください。 そうすると、最大の関門は作文。 「作文なんてどうやって対策すればわからない。」という人も多いかもしれません。 ここでは、作文試験を乗り越えるためのポイントと対策を解説します。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

高校入試の作文について〜推薦入試

高校の推薦入試は、内申書と面接、そして作文試験で合否が決定します。 内申がいくら良くても面接や作文試験で不合格になるケースもあるそうですから、油断大敵ですね。 面接は学校や塾の先生に面接官役になってもらって、何度か練習すれば大丈夫ですから安心してください。 そうすると、最大の関門は作文。 「作文なんてどうやって対策すればわからない。」という人も多いかもしれません。 ここでは、作文試験を乗り越えるためのポイントと対策を解説します。

高校の推薦入試は、内申書と面接、そして作文試験で合否が決定します。 内申がいくら良くても面接や作文試験で不合格になるケースもあるそうですから、油断大敵ですね。 面接は学校や塾の先生に面接官役になってもらって、何度か練習すれば大丈夫ですから安心してください。 そうすると、最大の関門は作文。 「作文なんてどうやって対策すればわからない。」という人も多いかもしれません。 ここでは、作文試験を乗り越えるためのポイントと対策を解説します。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

作文・構成のコツ〜作文が苦手な人でもサッと書けるようになる!

先日、「作文は好きですか?」と知り合いの子供たちに聞いてみました。 その結果、大半の子から「作文は嫌い!」という答えが返ってきました。 彼らが作文を嫌いな理由は、「書けないから」だそうです。 それでは「なぜ書けないのか」を考えてみましょう。 書けない理由を追求することで、「書けるようになるには何をすれば良いのか」が分かります。

先日、「作文は好きですか?」と知り合いの子供たちに聞いてみました。 その結果、大半の子から「作文は嫌い!」という答えが返ってきました。 彼らが作文を嫌いな理由は、「書けないから」だそうです。 それでは「なぜ書けないのか」を考えてみましょう。 書けない理由を追求することで、「書けるようになるには何をすれば良いのか」が分かります。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

作文の書き方〜就職試験編

近年、就職試験に作文を課す企業が増えています。 私は以前、就職希望者対象の作文模擬試験を添削したことがあるのですが、「皆さん苦戦しているな。」という印象を受けました。実際、作文は苦手という人も多いようです。 そこで、作文試験を乗り越えるために注意すべきことをまとめてみました。

近年、就職試験に作文を課す企業が増えています。 私は以前、就職希望者対象の作文模擬試験を添削したことがあるのですが、「皆さん苦戦しているな。」という印象を受けました。実際、作文は苦手という人も多いようです。 そこで、作文試験を乗り越えるために注意すべきことをまとめてみました。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

高校入試の作文について〜一般入試

最近は、公立高校の入試問題にも作文があります。 というと、とくに保護者の皆さんは驚かれるかもしれません。 ただし、一般入試の作文試験は推薦入試のものとは違います。 推薦入試の作文試験は単独で行われますが、一般入試は国語の試験に組み込まれているのです。 「なんだ〜」と思われましたか? しかし、侮ってはいけません。 一般的に作文の問題は配点が高いので、合否を分ける可能性もあります。 しっかり準備しておきましょうね。

最近は、公立高校の入試問題にも作文があります。 というと、とくに保護者の皆さんは驚かれるかもしれません。 ただし、一般入試の作文試験は推薦入試のものとは違います。 推薦入試の作文試験は単独で行われますが、一般入試は国語の試験に組み込まれているのです。 「なんだ〜」と思われましたか? しかし、侮ってはいけません。 一般的に作文の問題は配点が高いので、合否を分ける可能性もあります。 しっかり準備しておきましょうね。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

作文の書き出し〜読み手を魅了するテクニック

作文の書き出しが大切な理由、それはズバリ「読み手の心を掴む」ためです。 作文のコンクールや、学校の先生に作文を提出したときのことを想像してみてください。 審査員や先生は「嫌になる程多くの作文を読まなければならない」のです。 そのため、冒頭を読んだだけで「この作文は面白くない」と判断されるとそれが評価に直結してしまいます。 逆に、冒頭部分で「この作文は面白そうだ」と思わせれば、評価が高くなるということですね。 それでは、どんな書き出しが読み手を魅了するのか具体的に見ていきましょう。

作文の書き出しが大切な理由、それはズバリ「読み手の心を掴む」ためです。 作文のコンクールや、学校の先生に作文を提出したときのことを想像してみてください。 審査員や先生は「嫌になる程多くの作文を読まなければならない」のです。 そのため、冒頭を読んだだけで「この作文は面白くない」と判断されるとそれが評価に直結してしまいます。 逆に、冒頭部分で「この作文は面白そうだ」と思わせれば、評価が高くなるということですね。 それでは、どんな書き出しが読み手を魅了するのか具体的に見ていきましょう。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

作文NG集〜作文試験で注意すべき点は?

最近は、中学・高校入試でも作文試験を課すところが増えてきました。 みなさんも何年か先には、作文の試験を受けることになるかもしれません。 一方で、作文試験で失敗した!という話はよく聞きます。 そこで、作文試験でやってはいけないことをまとめてみました。

最近は、中学・高校入試でも作文試験を課すところが増えてきました。 みなさんも何年か先には、作文の試験を受けることになるかもしれません。 一方で、作文試験で失敗した!という話はよく聞きます。 そこで、作文試験でやってはいけないことをまとめてみました。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

制限時間内に作文を仕上げるコツ〜作文試験を乗り越えよう!

作文試験の制限時間は、文字数にもよりますが大体30分から90分程度です。 試験の場合は、文字数に対して十分な時間を設定してあるのですが「時間が足りない」と感じる人も多いようです。 作文試験では、制限時間内に作文を書き終えて見直しもしなければなりません。 慣れていないと時間が足りなくなるのも無理はありません。 そこで、制限時間内に作文を仕上げるコツをご紹介します。

作文試験の制限時間は、文字数にもよりますが大体30分から90分程度です。 試験の場合は、文字数に対して十分な時間を設定してあるのですが「時間が足りない」と感じる人も多いようです。 作文試験では、制限時間内に作文を書き終えて見直しもしなければなりません。 慣れていないと時間が足りなくなるのも無理はありません。 そこで、制限時間内に作文を仕上げるコツをご紹介します。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate2.png

作文の結論部分を印象深いものにするコツ

作文において、結論部分は書き出しと同じように大切です。 結論部分はなぜ大切なのでしょうか? なぜなら結論部分がよく書けていると、評価が上がる可能性が高いからです。 実際、添削をしていても結論部分がよければ「この作文は、よく書けている。」と感じます。結論部分は、作文の集大成とも言えますので書き出しと同様、力を入れて書きましょう。 コンクールの審査員や学校の先生は、たくさんの作文を読みます。そのため、たとえ結論部分がよく書けていたとしても、みんなと同じような内容の作文だと印象に残りません。 高い評価を得るためには、結論部分が印象的な作文を書かなければならないというわけです。 それでは、印象的な結論部分にはどのようなものがあるかを具体的に見ていきましょう。

作文において、結論部分は書き出しと同じように大切です。 結論部分はなぜ大切なのでしょうか? なぜなら結論部分がよく書けていると、評価が上がる可能性が高いからです。 実際、添削をしていても結論部分がよければ「この作文は、よく書けている。」と感じます。結論部分は、作文の集大成とも言えますので書き出しと同様、力を入れて書きましょう。 コンクールの審査員や学校の先生は、たくさんの作文を読みます。そのため、たとえ結論部分がよく書けていたとしても、みんなと同じような内容の作文だと印象に残りません。 高い評価を得るためには、結論部分が印象的な作文を書かなければならないというわけです。 それでは、印象的な結論部分にはどのようなものがあるかを具体的に見ていきましょう。

続きを読む




公立中高一貫校の作文は意見文

一般的な作文の書き方の手順として以下がありますが本当にこれで作文が書けるのでしょうか?

「素材を集める」→「素材を選別する」→「素材を膨らませる」→「構成案を作る」→「作文を書く」→「作文を見直す」

基本的には正解ですが、作文の種類によってどこを重視するかが大きく異なります。公立中高一貫校受験の作文は「意見文」という意味合いが強いので「構成案を作る」という部分がカギになります。

試験時間も短く、400文字程度の作文にかけられる時間は約20分程度です。

つまり構成案の前までの素材集めは受験前にやっておく必要があるのです。

意見文は構成案が最も重要

では、公立中高一貫校受験(=意見文)の構成案はどのように作っていけばよいのでしょうか?

「結論を出す」→「理由を書く」→「理由を確固たるものにする根拠(体験談)を紐付ける」→「まとめる」

これらを繰り返し練習することで上手な構成が作れるようになります。

構成案には一貫性が必要

私は現在、IT企業の社長をしておりますがライターさんに書いてもらった文章を企業に提供し、それがこういったWebコンテンツになっています。

ライターを専業としている方でも構成が上手い人とそうでない人で評価が大きく分かれます。いくら文章が上手いライターでも構成が下手だとあまり評価されません。

これは余談ですが、作文(文章)においてそれだけ構成は重要なのです。

では優れた構成とはどういったものでしょうか?

それは構成に一貫性があることです。構成が下手な人は以下のことが起こります。

・言いたいことが多すぎて文章が飛散する
・文章内で結論が変わる
・段落と段落のつながりがなくリズムが悪い

そうならないためにも構成作成後に一貫性をチェックすることで良い作文を書けるケースが多くなります。

公立中高一貫校受験作文の書き方まとめ

ここまで簡単に説明してきましたが、特に公立中高一貫校受験における作文(意見文)は構成8・文章力2です。

もっと詳しく知りたい方は以下のコラムを参考にしてください。
具体的な書き方を指導しています。
>公立中高一貫校作文(適性検査)の書き方

mama.png

あなたにおすすめのサービス

スタディサプリの無料トライアルに参加。本当に効果がありそうなのか塾講師目線で正直な印象をお伝えします。ユーザーの方からの口コミ評判も合わせて参考にしてください。

通信教育z会のに参加。本当に効果がありそうなのか塾講師目線で正直な印象をお伝えします。ユーザーの方からの口コミ評判も合わせて参考にしてください。

塾講師がe点ネットPlusの中高一貫対策無料トライアルに参加。本当に効果がありそうなのか塾講師目線で正直な印象をお伝えします。ユーザーの方からの口コミ評判も合わせて参考にしてください。

続きを見る

あなたにおすすめの学習塾

続きを見る




-

Copyright© ママペディア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.