中学受験情報

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate4.png
中学受験情報

中学受験は情報勝負といっても過言ではありません。最新の中学受験情報、塾の先生のインタビュー記事、全国統一テストの速報などをお知らせしていきます。

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/nitinou.png

日能研の模試は受けるべき?判定は正確?

四谷大塚、サピックスと並ぶ大手進学塾「日能研」。首都圏では中学受験を希望される方が、必ず検討する塾の一つといっても過言ではありません。 日能研の模擬試験は首都圏を中心に1万2千人の小学生が受験します。受験する人数は四谷大塚の模擬試験と比較すると少ないものの、そのデータは信頼できると言われています。日能研の模擬試験の種類や他の塾の模擬試験との偏差値比較をご説明しましょう。

四谷大塚、サピックスと並ぶ大手進学塾「日能研」。首都圏では中学受験を希望される方が、必ず検討する塾の一つといっても過言ではありません。 日能研の模擬試験は首都圏を中心に1万2千人の小学生が受験します。受験する人数は四谷大塚の模擬試験と比較すると少ないものの、そのデータは信頼できると言われています。日能研の模擬試験の種類や他の塾の模擬試験との偏差値比較をご説明しましょう。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/nitinou.png

日能研の合格実績は?志望校に合格できる?

日能研といえば、四谷大塚、サピックスと並ぶ大手中学受験塾の一つ。首都圏の主要駅には、必ずと言ってよいほど日能研がありますので、お子さんを通わせてみたいと思っている方も多いでしょう。中学受験塾は帰りが夜遅くなることも多いので、ご両親の送迎は必須。自宅から近い塾を選ぶことはお子さんのみならずご両親の負担も軽くなります。 そこで気になるのが日能研の合格実績ですね。ここでは、日能研と他の中学受験塾の合格実績を比較します。日能研はどんなお子さんに向いているのかという点についてもご紹介しましょう。

日能研といえば、四谷大塚、サピックスと並ぶ大手中学受験塾の一つ。首都圏の主要駅には、必ずと言ってよいほど日能研がありますので、お子さんを通わせてみたいと思っている方も多いでしょう。中学受験塾は帰りが夜遅くなることも多いので、ご両親の送迎は必須。自宅から近い塾を選ぶことはお子さんのみならずご両親の負担も軽くなります。 そこで気になるのが日能研の合格実績ですね。ここでは、日能研と他の中学受験塾の合格実績を比較します。日能研はどんなお子さんに向いているのかという点についてもご紹介しましょう。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/05/44c58b6824f9ea695f3b583e2533df42_s.jpg

四谷大塚?Z会?公立中高一貫対策に最適な塾や勉強法は?

公立中高一貫校の人気は年々高まり、それに伴って偏差値も上昇しています。 それに伴い、中学受験塾にも公立中高一貫校コースを設けるところが多くなってきました。 公立中高一貫校の人気の理由は、私立中高一貫校と同様6年先の受験を見据えたカリキュラムが組まれていることです。 今まで、東京大学を始め慶應義塾大学、早稲田大学などの難関校に合格するのは私立中高一貫校出身者が多いと言われていました。 しかし、私立中高一貫校は授業料も高額のため、断念する人も多かったのです。公立中高一貫校ならば公立中学高校とそれほど変わらない費用で、私立中高一貫校と同様の教育が受けられます。 公立中高一貫校に合格するためには塾通いが必須と言われていますが、その点についてもご説明しましょう。

公立中高一貫校の人気は年々高まり、それに伴って偏差値も上昇しています。 それに伴い、中学受験塾にも公立中高一貫校コースを設けるところが多くなってきました。 公立中高一貫校の人気の理由は、私立中高一貫校と同様6年先の受験を見据えたカリキュラムが組まれていることです。 今まで、東京大学を始め慶應義塾大学、早稲田大学などの難関校に合格するのは私立中高一貫校出身者が多いと言われていました。 しかし、私立中高一貫校は授業料も高額のため、断念する人も多かったのです。公立中高一貫校ならば公立中学高校とそれほど変わらない費用で、私立中高一貫校と同様の教育が受けられます。 公立中高一貫校に合格するためには塾通いが必須と言われていますが、その点についてもご説明しましょう。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/05/44c58b6824f9ea695f3b583e2533df42_s.jpg

神奈川の中高一貫校徹底解説

公立中高一貫校は、年々人気が高まり難易度も上昇しています。 東京大学の合格者には、私立の中高一貫校の卒業生が多く、一時期は「中学から私立に入らなければ東京大学には合格できない」という話が広まっていたほどです。私立の中高一貫校は、確かに魅力的ですが学費も高いということから、希望すれば誰もが入学できるわけではありませんでした。 その点、公立中高一貫校はその理由は、私立の中高一貫校と同様の教育が受けられる上に費用が格安です。それが、公立中高一貫校の人気の理由。実際に、公立中高一貫校は東京大学を始め数々の難関大学へ合格者を出しています。 ここでは神奈川の公立中高一貫校をご紹介しましょう。

公立中高一貫校は、年々人気が高まり難易度も上昇しています。 東京大学の合格者には、私立の中高一貫校の卒業生が多く、一時期は「中学から私立に入らなければ東京大学には合格できない」という話が広まっていたほどです。私立の中高一貫校は、確かに魅力的ですが学費も高いということから、希望すれば誰もが入学できるわけではありませんでした。 その点、公立中高一貫校はその理由は、私立の中高一貫校と同様の教育が受けられる上に費用が格安です。それが、公立中高一貫校の人気の理由。実際に、公立中高一貫校は東京大学を始め数々の難関大学へ合格者を出しています。 ここでは神奈川の公立中高一貫校をご紹介しましょう。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/05/44c58b6824f9ea695f3b583e2533df42_s.jpg

都立の中高一貫校徹底解説

東大合格者を多く輩出している「私立中高一貫校」。私立中高一貫校の大学合格実績が良いのは、中学入学時から6年後を見据えたカリキュラムが組まれるなど、効率的な受験指導ができるためです。 しかし、私立中高一貫校は費用が高額、希望すれば誰でも通えるというわけではありません。そこで誕生したのが公立中高一貫校。 公立中高一貫校は「私立と比較すると少ない費用負担で、中高一貫教育が受けられる」ということで人気が高まり、年々難易度は上昇しています。 ここでは都立中高一貫校をご紹介します。

東大合格者を多く輩出している「私立中高一貫校」。私立中高一貫校の大学合格実績が良いのは、中学入学時から6年後を見据えたカリキュラムが組まれるなど、効率的な受験指導ができるためです。 しかし、私立中高一貫校は費用が高額、希望すれば誰でも通えるというわけではありません。そこで誕生したのが公立中高一貫校。 公立中高一貫校は「私立と比較すると少ない費用負担で、中高一貫教育が受けられる」ということで人気が高まり、年々難易度は上昇しています。 ここでは都立中高一貫校をご紹介します。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/03/gokaku.jpg

2018年最新版!大手中学受験塾合格実績から見る塾選び

サピックス、四谷大塚、日能研、早稲田アカデミー、栄光ゼミナール中学受験塾大手5社の2018年合格実績を比較し分析します。 学校ごとに横並びにするといろいろなことが見えてきます。 尚、この情報は2018年3月2日時点の公式ホームページ及び各塾入試分析会(報告会)の情報に基づき作成しています。多少、人数が前後する場合がございますのでご了承ください。

サピックス、四谷大塚、日能研、早稲田アカデミー、栄光ゼミナール中学受験塾大手5社の2018年合格実績を比較し分析します。 学校ごとに横並びにするといろいろなことが見えてきます。 尚、この情報は2018年3月2日時点の公式ホームページ及び各塾入試分析会(報告会)の情報に基づき作成しています。多少、人数が前後する場合がございますのでご了承ください。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/03/gokaku.jpg

四谷大塚組分けテストの基準と勉強法

四谷大塚の組分けテストは、塾生だけでなく、外部生も四谷大塚に入塾したい場合どのくらいの位置にいるのかが確認できるテストです。 結果により、Sクラス、Cクラス、Bクラス、Aクラスの4クラスに分かれ、次の組分けテストに向けて週テストをこなしていきます。 ある意味わかりやすい階級制で、目標を立てやすいシステムと言えます。 この記事では、各クラスの基準点をお伝えしていくとともに、週テストとの勉強方法の違いをプロ講師が解説していきます。 2019年度5年生の生徒は、過去問の基準点にもなりますのでぜひ参考にしてください。

四谷大塚の組分けテストは、塾生だけでなく、外部生も四谷大塚に入塾したい場合どのくらいの位置にいるのかが確認できるテストです。 結果により、Sクラス、Cクラス、Bクラス、Aクラスの4クラスに分かれ、次の組分けテストに向けて週テストをこなしていきます。 ある意味わかりやすい階級制で、目標を立てやすいシステムと言えます。 この記事では、各クラスの基準点をお伝えしていくとともに、週テストとの勉強方法の違いをプロ講師が解説していきます。 2019年度5年生の生徒は、過去問の基準点にもなりますのでぜひ参考にしてください。

続きを読む

記事が存在しません。

記事が存在しません。

記事が存在しません。

記事が存在しません。

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate4.png

四谷大塚予習シリーズの使い方は?自宅学習方法を徹底解説!

四谷大塚をはじめ、大手だと早稲田アカデミー、臨海セミナーも採用している予習シリーズ。 私も昔使っていたテキストですが、基本的な構造は昔とさほど変わりません。 今回は、実際の予習シリーズの一部をお見せしながら、効果的な使い方や自宅学習方法のポイントをお伝えします。

四谷大塚をはじめ、大手だと早稲田アカデミー、臨海セミナーも採用している予習シリーズ。 私も昔使っていたテキストですが、基本的な構造は昔とさほど変わりません。 今回は、実際の予習シリーズの一部をお見せしながら、効果的な使い方や自宅学習方法のポイントをお伝えします。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/03/gokaku.jpg

四谷大塚組分けテストの基準と勉強法

四谷大塚の組分けテストは、塾生だけでなく、外部生も四谷大塚に入塾したい場合どのくらいの位置にいるのかが確認できるテストです。 結果により、Sクラス、Cクラス、Bクラス、Aクラスの4クラスに分かれ、次の組分けテストに向けて週テストをこなしていきます。 ある意味わかりやすい階級制で、目標を立てやすいシステムと言えます。 この記事では、各クラスの基準点をお伝えしていくとともに、週テストとの勉強方法の違いをプロ講師が解説していきます。 2019年度5年生の生徒は、過去問の基準点にもなりますのでぜひ参考にしてください。

四谷大塚の組分けテストは、塾生だけでなく、外部生も四谷大塚に入塾したい場合どのくらいの位置にいるのかが確認できるテストです。 結果により、Sクラス、Cクラス、Bクラス、Aクラスの4クラスに分かれ、次の組分けテストに向けて週テストをこなしていきます。 ある意味わかりやすい階級制で、目標を立てやすいシステムと言えます。 この記事では、各クラスの基準点をお伝えしていくとともに、週テストとの勉強方法の違いをプロ講師が解説していきます。 2019年度5年生の生徒は、過去問の基準点にもなりますのでぜひ参考にしてください。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/03/gokaku.jpg

2018年最新版!大手中学受験塾合格実績から見る塾選び

サピックス、四谷大塚、日能研、早稲田アカデミー、栄光ゼミナール中学受験塾大手5社の2018年合格実績を比較し分析します。 学校ごとに横並びにするといろいろなことが見えてきます。 尚、この情報は2018年3月2日時点の公式ホームページ及び各塾入試分析会(報告会)の情報に基づき作成しています。多少、人数が前後する場合がございますのでご了承ください。

サピックス、四谷大塚、日能研、早稲田アカデミー、栄光ゼミナール中学受験塾大手5社の2018年合格実績を比較し分析します。 学校ごとに横並びにするといろいろなことが見えてきます。 尚、この情報は2018年3月2日時点の公式ホームページ及び各塾入試分析会(報告会)の情報に基づき作成しています。多少、人数が前後する場合がございますのでご了承ください。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/nitinou.png

日能研の模試は受けるべき?判定は正確?

四谷大塚、サピックスと並ぶ大手進学塾「日能研」。首都圏では中学受験を希望される方が、必ず検討する塾の一つといっても過言ではありません。 日能研の模擬試験は首都圏を中心に1万2千人の小学生が受験します。受験する人数は四谷大塚の模擬試験と比較すると少ないものの、そのデータは信頼できると言われています。日能研の模擬試験の種類や他の塾の模擬試験との偏差値比較をご説明しましょう。

四谷大塚、サピックスと並ぶ大手進学塾「日能研」。首都圏では中学受験を希望される方が、必ず検討する塾の一つといっても過言ではありません。 日能研の模擬試験は首都圏を中心に1万2千人の小学生が受験します。受験する人数は四谷大塚の模擬試験と比較すると少ないものの、そのデータは信頼できると言われています。日能研の模擬試験の種類や他の塾の模擬試験との偏差値比較をご説明しましょう。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/05/44c58b6824f9ea695f3b583e2533df42_s.jpg

四谷大塚?Z会?公立中高一貫対策に最適な塾や勉強法は?

公立中高一貫校の人気は年々高まり、それに伴って偏差値も上昇しています。 それに伴い、中学受験塾にも公立中高一貫校コースを設けるところが多くなってきました。 公立中高一貫校の人気の理由は、私立中高一貫校と同様6年先の受験を見据えたカリキュラムが組まれていることです。 今まで、東京大学を始め慶應義塾大学、早稲田大学などの難関校に合格するのは私立中高一貫校出身者が多いと言われていました。 しかし、私立中高一貫校は授業料も高額のため、断念する人も多かったのです。公立中高一貫校ならば公立中学高校とそれほど変わらない費用で、私立中高一貫校と同様の教育が受けられます。 公立中高一貫校に合格するためには塾通いが必須と言われていますが、その点についてもご説明しましょう。

公立中高一貫校の人気は年々高まり、それに伴って偏差値も上昇しています。 それに伴い、中学受験塾にも公立中高一貫校コースを設けるところが多くなってきました。 公立中高一貫校の人気の理由は、私立中高一貫校と同様6年先の受験を見据えたカリキュラムが組まれていることです。 今まで、東京大学を始め慶應義塾大学、早稲田大学などの難関校に合格するのは私立中高一貫校出身者が多いと言われていました。 しかし、私立中高一貫校は授業料も高額のため、断念する人も多かったのです。公立中高一貫校ならば公立中学高校とそれほど変わらない費用で、私立中高一貫校と同様の教育が受けられます。 公立中高一貫校に合格するためには塾通いが必須と言われていますが、その点についてもご説明しましょう。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/05/44c58b6824f9ea695f3b583e2533df42_s.jpg

神奈川の中高一貫校徹底解説

公立中高一貫校は、年々人気が高まり難易度も上昇しています。 東京大学の合格者には、私立の中高一貫校の卒業生が多く、一時期は「中学から私立に入らなければ東京大学には合格できない」という話が広まっていたほどです。私立の中高一貫校は、確かに魅力的ですが学費も高いということから、希望すれば誰もが入学できるわけではありませんでした。 その点、公立中高一貫校はその理由は、私立の中高一貫校と同様の教育が受けられる上に費用が格安です。それが、公立中高一貫校の人気の理由。実際に、公立中高一貫校は東京大学を始め数々の難関大学へ合格者を出しています。 ここでは神奈川の公立中高一貫校をご紹介しましょう。

公立中高一貫校は、年々人気が高まり難易度も上昇しています。 東京大学の合格者には、私立の中高一貫校の卒業生が多く、一時期は「中学から私立に入らなければ東京大学には合格できない」という話が広まっていたほどです。私立の中高一貫校は、確かに魅力的ですが学費も高いということから、希望すれば誰もが入学できるわけではありませんでした。 その点、公立中高一貫校はその理由は、私立の中高一貫校と同様の教育が受けられる上に費用が格安です。それが、公立中高一貫校の人気の理由。実際に、公立中高一貫校は東京大学を始め数々の難関大学へ合格者を出しています。 ここでは神奈川の公立中高一貫校をご紹介しましょう。

続きを読む
https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/nitinou.png

日能研の合格実績は?志望校に合格できる?

日能研といえば、四谷大塚、サピックスと並ぶ大手中学受験塾の一つ。首都圏の主要駅には、必ずと言ってよいほど日能研がありますので、お子さんを通わせてみたいと思っている方も多いでしょう。中学受験塾は帰りが夜遅くなることも多いので、ご両親の送迎は必須。自宅から近い塾を選ぶことはお子さんのみならずご両親の負担も軽くなります。 そこで気になるのが日能研の合格実績ですね。ここでは、日能研と他の中学受験塾の合格実績を比較します。日能研はどんなお子さんに向いているのかという点についてもご紹介しましょう。

日能研といえば、四谷大塚、サピックスと並ぶ大手中学受験塾の一つ。首都圏の主要駅には、必ずと言ってよいほど日能研がありますので、お子さんを通わせてみたいと思っている方も多いでしょう。中学受験塾は帰りが夜遅くなることも多いので、ご両親の送迎は必須。自宅から近い塾を選ぶことはお子さんのみならずご両親の負担も軽くなります。 そこで気になるのが日能研の合格実績ですね。ここでは、日能研と他の中学受験塾の合格実績を比較します。日能研はどんなお子さんに向いているのかという点についてもご紹介しましょう。

続きを読む

記事が存在しません。

記事が存在しません。

記事が存在しません。

記事が存在しません。

スポンサードリンク



中学受験比率ってどれくらい?

中学受験する子ってみなさんの小学校はクラスに何人くらいいますか?

もちろん地域によって違うのですが、ここ数年全国的には7%強で推移しています。

ちなみに県別に見ると
1位は東京都で23.9%、2位は高知県で17.9%、3位は京都府で12.1%とガクッと落ちます。神奈川県は5位の10.9%です。
(引用:生命保険文化センターhttp://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/education/4.html)

同じ都内でも格差はかなり激しい

同じ都内でも地域によって比率は大きく異なります。

●上位3地区
文京区:44.9%
港区:38.4%
中央区:36.8%
(引用:http://www.jprime.jp/articles/-/9243)

ちなみに中学受験率30%以上の地区は千代田区、目黒区、世田谷区、渋谷区、杉並区、新宿区です。

こういったデータを見るとやはり年収が高い層が住んでいる地域の方が中学受験熱が高いことがわかります。

私立の費用ってどれくらいかかるの?

これも学校により大きく違いますが、初年度納入額(入学金も含めた1年間の料金)で80~150万、100万円台の学校が多いようです。

そのうちの授業料が30~80万円(平均45万円程度)です。

ご存知の方も多いとは思いますが、慶應は上限の位置にいます。

比較的安い学校でも最低年間60万円(月5万円)はかかると思った方が良いでしょう(詳しくは学校データを参照してください)。

また、私立に進学させる場合、年収に応じて補助金が出ます。

例えば神奈川では年収750万円未満の世帯に対して、入学金100000円、授業料74400円〜153000円の補助金が出ます。
(詳細はhttp://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f328/p4426.html)

中学受験成功の道は?

中学受験は子供以上に親の勝負と言われています。

塾に預けるだけでなく、どれだけお子様のストレスを緩和させられるか(お母様だとお子様とどれだけ仲良くやれるか(笑))、時間をかけてあげられるかがとても重要です。

今回は主に中学受験比率や費用について紹介しましたが、偏差値や試験の特色などは学校検索ページを参考にしてください。
>学校検索ページはこちら

-

Copyright© ママペディア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.