日能研の模試は受けるべき?判定は正確?

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/nitinou.png
日能研の模試は受けるべき?判定は正確?

四谷大塚、サピックスと並ぶ大手進学塾「日能研」。首都圏では中学受験を希望される方が、必ず検討する塾の一つといっても過言ではありません。

日能研の模擬試験は首都圏を中心に1万2千人の小学生が受験します。受験する人数は四谷大塚の模擬試験と比較すると少ないものの、そのデータは信頼できると言われています。日能研の模擬試験の種類や他の塾の模擬試験との偏差値比較をご説明しましょう。

スポンサードリンク



日能研の模試の種類

小学6年生のお子さんが受験する日能研模擬試験には「実力判定テスト、志望校選定テスト、合格判定テスト、合格力実践テスト、志望校判定テスト、合格力完成テスト・ファイナル256」の6種類があります。それぞれ、どのような模擬試験なのかご説明しましょう。

実力判定テスト

実力判定テストは、合格するために必要な力が身に付いているかどうかを判定する模擬試験。このテストで自分の学力が客観的にわかるため、今後の指針として役立てます。

正解した問題ではなく、間違えた問題に注目することで今後の学力アップにつながります。つい、どこができていたかをチェックしてしまいますが、間違っていたところを重点的にチェックしましょう。

実力判定テスト 実施日 受験料
4教科 2教科
2月中旬 5940円 4860円
3月上旬
4月上旬

志望校選定テスト

通常、志望校はお子さんやご両親の希望、そして通学の利便性、校風など様々な要素から選びますが、実際にはなかなか難しいものですね。

志望校選定テストを受験すれば、その悩みも解決。テストの結果から、お子さんのために最適な併願パターンがわかります。会員用のwebサイトでは、他地域(13地域)での併願パターンが見られます。

志望校選定
テスト
実施日 受験料
4教科 2教科
5月上旬 5940円 4860円
6月上旬

合格判定テスト

小学6年生の9月、10月、11月、12月2回の計5回行われるテストです。志望校に合格する可能性を確認します。このテストでは、R3(合格確率50パーセント)を超える場合が合格可能と判断されます。

受験日ごとに志望校を登録できるのも特徴の一つ。なお志望校は8校まで登録できます。

合格判定テスト 実施日 受験料
4教科 2教科
9月上旬 5950円 4860円
10月上旬
11月上旬
12月上旬
12月下旬

合格力実践テスト

合格力実践テストでは、志望校1校を選択します。自分が間違えた問題で、他の受験生の正解率が高かったものをピックアップ。その問題ができていた場合の順位も確認できます。つまり1点の重みが実感できるというわけです。

合格に向けて何を復習すればいいのか、強化すればいいのかが明確にわかりますね。

合格力実践
テスト
実施日 受験料
4教科 2教科
9月中旬 5950円 4860円
9月下旬
10月下旬
11月中旬
12月中旬

志望校判定テスト

志望校判定テストが行われるのは6月。R3(合格可能性50パーセント)を超える場合、合格可能と判定されます。試験日ごとに受験校を登録できますので、併願校を決めるのにも役立ちます。

また、資料として来年度入試の「志望者動向」冊子が無料配布されます。

志望校判定テスト 実施日 受験料
4教科 2教科
6月下旬 4320円 3240円

合格力完成テスト・ファイナル256

256とは問題の組み合わせのパターンを示しています。志望校の出題形式を意識した問題が出されますので、本番のリハーサルとしても活用できます。

試験の後に配られる合格力ファイナルシート(処方箋シート)に取り組むことで弱点克服が可能。成績表にはおすすめファイナルシートナンバーが記入されますので、必ずチャレンジしましょう。

ファイナル256
テスト
実施日 受験料
4教科 2教科
12月下旬 5940円 4860円
12月下旬
1月上旬

他の中学受験塾の模試と比べて判定は

ここでは日能研とサピックスの模擬試験判定結果を比較してみましょう。

    日能研(A) サピックス(B) A-B
男子 開成中学校 71 66 5
聖光学院中学校 68 64 4
栄光学園中学校 66 62 4
麻布中学校 67 60 7
早稲田中学校 64 57 7
サレジオ学院中学校 59 50 9
女子 桜蔭中学校 67 62 5
女子学院中学校 66 60 6
雙葉中学校 65 58 7
フェリス女学院 62 56 6
白百合学園中学校 62 54 8
吉祥女子中学校 60 54 6

「難関校を狙うならサピックス」と言われているのは、大げさではありません。サピックスは上位層のお子さんがほとんどのため、偏差値は低く出ます。日能研との差は4ポイントから最大9ポイント。

しかし、「サピックスは日能研よりも難関校に入りやすい」ということではありません。母集団の違いということを考えれば偏差値が低目に出るのも、難関校に大勢合格するのも納得できますね。

日能研模試偏差値と四谷大塚模試偏差値を比べてみよう

次に日能研模試偏差値と四谷大塚偏差値を比較してみます。

    四谷大塚(A) 日能研(B) A-B
男子 開成中学校 71 71 0
聖光学院中学校 69 68 1
栄光学園中学校 65 66 -1
麻布中学校 67 67 0
早稲田中学校 65 64 1
サレジオ学院中学校 61 59 2
女子 桜蔭中学校 71 67 4
女子学院中学校 69 66 3
雙葉中学校 67 65 2
フェリス女学院 66 62 4
白百合学園中学校 64 62 2
吉祥女子中学校 61 60 1

日能研模擬試験の偏差値と、四谷大塚模擬試験偏差値を比較すると、日能研の方が低くなっています。ただ、その差は最大でも4ポイント。サピックスとは最大9ポイントの差があったことを考えると、差はそれほど大きくありません。

この結果を見て、「日能研のお子さんの方が四谷大塚に通うお子さんより学力が高い?」と思いがちですが、それは一概にはいえません。

日能研模擬試験を受験するのはほとんどが日能研生。なぜなら、他の塾の受験日程と重なっているため他塾のお子さんは受験できない場合が多いのです。

しかし四谷大塚の模擬試験は、小規模な提携塾に通うお子さんも受験します。そのため、どうしても成績にばらつきが出ると考えられます。

まとめ

日能研模擬試験は、日能研生にとってはとても大切なものです。しかし、それ以外の塾に通っているお子さんは無理して受験する必要はありません。

日能研に向いているのは次のようなタイプのお子さんです。

  • 成績が下がっても落ち込まない
  • 授業をしっかり聞くことができる
  • コツコツ復習ができる
  • 先生に質問ができる
  • 日能研では座席が成績順ですので、成績が落ちたことを気にしてしまうお子さんには向いていないと言えるでしょう。実際に、それが苦痛で塾に行かなくなってしまったというお子さんもいるという話です。

    また、これは四谷大塚やサピックスなどでも言えることですが集団塾では、わからないことがあったら個別に先生に聞かなければなりません。それができないお子さんは、疑問が解決しないまま受験当日を迎える可能性も・・・。

    ご両親が勉強を教えられる環境にない場合は集団塾と個別指導塾の併用も考えてみましょう。

    「現在は父親の転勤で地方にいるけれど、中学受験時には首都圏に戻る予定がある」という場合は、日能研がオススメ。首都圏のお子さんと同じ内容の授業が受けられますので安心です。もちろん他の塾でも全国展開している場合は同様です。

    スポンサードリンク



    -

    Copyright© ママペディア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.