子供オンライン英会話の効果的な活用法5選

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/cate3.png
子供オンライン英会話の効果的な活用法5選

子供オンライン英会話を「効果的に活用する方法」があることをご存じですか?詳しいポイントはこれからご紹介致しますが、その本質は「子供がただ義務的にやらないようにすること」です。

「好きなものこそ上手なれ」ということわざの通り、人は好きなものだからこそ続けられて、少しずつ上達していきます。TOEICや英検、学校の勉強を意識することは自然ですが、お子さんにとって無理のないスピードや頻度で学ばせることが、結局は最良の成果を生むのです。以下、子供オンライン英会話で成果を出すための「効果的な5つの活用法」を紹介します!

スポンサードリンク



ポイント1.まずはお子さんと楽しんでみる〜承認欲求を満たして上げる

子供はとても好奇心旺盛で、親御さんがやっている事に対して強い興味を抱くもの。特にこれは、小さな子供ほど顕著です。

小さな子供に対して、英語に興味を持ってもらう場合、多くの親御さんが「難しい」「どうして良いかわからない」と考えるのではないでしょうか。その理由は「親御さん自身が英語の楽しさを知らないから」という単純明快なものです。知らないのですから伝えようがありませんよね?

そこで、お子さんにオンライン英会話をやらせる前に「まずは親御さん自身がレッスンを受けてみる」というのも大変良い方法です。小さなお子さんであれば、膝の上に載せてレッスンを受けてみましょう。お子さんは少しずつ英語に興味を示していきますよ。

英語に充分興味を示したら、今度はお子さんだけで「子供オンライン英会話」をはじめさせてあげましょう。時々レッスンに親御さんも参加すれば、お子さんはより楽しみながら、進んで英語を学んでゆくでしょう。

「本当は英語にあまり自信がない…」そんな親御さんでも大丈夫。子供は習ったことをご両親に話したくてしかたがないはずなので、それを聞いてあげるだけで良いのです。

「親御さんが真剣に話を聞いて上げる」→「パパやママが真剣に耳を傾けてくれるスゴいことが言えた!」「やった!嬉しい!」…ただこれだけの事でも、小さな子供にとっては大きな成功体験でありモチベーションになります。さらに「自分で興味を持って英語をはじめた」という事実が、より学ぶ意欲を高めてくれるのです。
(逆に「ちゃんとレッスンを受けないとキライになっちゃうよ」というような脅しは、最もやってはいけない方法です)

子供オンライン英会話を効果的に活用するには、まず「親御さんの協力が必要不可欠」です。「英語を通じて子供の承認欲求を満たしてあげる」というような関わり方で、一緒に英語を楽しんでみましょう。

ポイント2. 一緒に学ぶ友達を作ってあげる<

子供オンライン英会話は基本的に「先生対お子さん」のマンツーマンでおこなわれます。しかし、友達と「子供オンライン英会話を同時期からスタートすること」は可能です。

こういう友達が1人できると、子供はより積極的に英語を使いますので、レッスンの復習も自然にできてしまいます。つまり「より効率的に楽しんで英語を学ぶことが出来る」のです。

最近の英語教育は低年齢化しています。同級生のお母様方の中にも、子供オンライン英会話に興味を持っている方がきっといるはずなので、そんなお母様とお誘い合わせの上、始めてみるのも良いでしょう。お互いに「英話を学ぶ友達」が確保できるのは大きなメリットなので「子供オンライン英会話の活用法」としては大変効果的です。

ポイント3. 受験などはあえて意識させず「楽しむこと」を第1に考える〜「すきま時間」を活用

中学校受験、あるいは小学校受験を見越して「子供オンライン英会話を習わせたい」という親御さんも多いでしょう。しかし、お子さんにはあえて「受験勉強」を意識させないほうが良いと思います。

「楽しいゲームも、勉強になったとたん嫌いになる」とも言われるように、「英語は勉強なんだ」と意識したとたんにお子さんの興味が冷めてしまう危険性があります。

例えば、部活や塾で忙しいのに「親御さんが無理に子供オンライン英会話のレッスン日を多めに入れてしまう」というようなことは避けるべきです。確かに、レッスン日を多めに入れたほうが英語をたくさん勉強できます。しかし、学習効果がその分上がるのかは疑問です。

嫌々やらされている以上、お子さんはレッスン日以外では英語に触れようとはしなくなるのではないでしょうか。最悪のケースでは「もう辞めたい」と言い出すことも考えられます。そうなれば全てが水の泡です。

子供オンライン英会話を効果的に活用するならば「部活や塾などの忙しいスケジュールのすきま時間を利用する」という感覚でOK。むしろ「息抜きとして子供オンライン英会話がある」という状態が、お子さんにとっては理想的です。

子供オンライン英会話はマンツーマンの特性を生かした、柔軟な学習スタイルが可能になっています。利用者の口コミでは「子供が疲れているときは、あえて勉強らしいことをせず、その日学校であったことなどを英語で会話していた」と言ったものもあるほどです。しかし、これもお子さんが意識していないだけで、立派なスピーキング&リスニングの勉強になっています。

「すきま時間」をうまく利用し、無理なく長続きさせる。これも子供オンライン英会話を効果的に活用法する方法の1つです。

ポイント4.通信環境や機材にもご注意を

子供オンライン英会話のレッスンの質は「通信環境」に大きく左右されます。ノイズだらけで先生の発音が良く聞き取れなかったり、通信がすぐに途切れてしまうようでは、せっかくの学習効果も半減してしまいます。

子供オンライン英会話を受講する際にはネット環境を見直した上で、性能の良いヘッドフォンやマイク(ヘッドセットも可)を使用すべきです。英語は日本語以上にボディランゲージが重視されるので、パソコン備え付けのwebカメラの性能が良くなければ、別途、高性能な外付けwebカメラを購入したほうが良いでしょう。

ポイント5.できる限り早く始めさせてあげる

現在幼稚園のお子さんをお持ちの方は「小学生になったら始めれば良いか…」。小学校低学年のお子さんをお持ちの方は「高学年になったら始めさせよう」。こんなふうに子供オンライン英会話のスタートを「先延ばし」にしていませんか?

子供オンライン英会話を「子供への投資」と考えるならば、できる限り早く始めたほうが「リターンは大きい」です。その理由は「幼い子供ほど英語の習得が容易だから」です。例えば日本人にとって聞き分けが難しい「L・R」の発音などは、9歳以降からの学習では聞き分けられないとも言われています。逆にネイティブの子供達は5歳で、おおよその発音が完成します。

私たちは子供に対して「日本語をいつ覚えさせようかな?」などと考えませんよね。同じ言語であるにも関わらず「英語」に対してだけそのような考えを抱いてしまうのは、親御さんの中に「英語は勉強」という意識がある証拠。しかし違うのです。自然に習得した英語は決して勉強ではなく「コミュニケーションの手段」。特別なものではなく、日本語とまったく優劣がありません。

英語を話せない多くの日本人からすれば、これはすごいことです。しかし、子供オンライン英会話をできるだけ早く始めさせれば、お子さんがこう言った「ネイティブに近い状態」になることも決して夢ではありません。そして「英語が話せる」という事実によって、お子さんの将来の可能性は何倍にも広がります。

まとめ

今回の「子供オンライン英会話の効果的な活用法」は「お子さんが気持ちよく、自分から進んで学べる環境を作る」という視点から5点ご紹介致しました。子供オンライン英会話は、ムリやり、嫌々やらせても意味はありません。英語を学び、習得するのはあくまでもお子さんご本人だからです。しかし、「学びの環境を作ってあげられる」という点で、ご両親ほど重要な存在はいません。お子さんの可能性は、親御さんの判断が握っています。

スポンサードリンク



-

Copyright© ママペディア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.