品川女子学院中等部の偏差値や評判を徹底解説

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/03/s-136.png
品川女子学院中等部の偏差値や評判を徹底解説
実質倍率 3.7偏差値 50
電話番号 03-3474-4048
住所 品川区北品川3-3-12
最寄駅 北品川駅より徒歩2分
入学金 250,000
初年度費用 883,600
試験日 2/1,2/2,2/4




品川女子学院中等部の入試情報

秋から冬に行われる入試説明会では、入試の仕組みだけでなく、出題傾向などの説明もあるので、ぜひとも参加したい。

国語の知識問題は正答率が高いため、必ず得点できるように日々の積み重ねが大切。

算数は差がつきやすく、最も合否が左右される科目。

社会はオーソドックスな作問で、理解は思考力が問われる。

品川女子学院中等部の授業

高校募集のない完全中高一貫教育のもと、大学受験に対応できる力を無理なく養えるカリキュラムを編成。

シラバス(学習計画書)を配布して効率的な学習が進められるよう配慮している。

英語は「使える英語力」の養成を重視し、週1時間のネイティブ講師による会話指導のほか、全員が英検やTOEICに取り組む。

国語では発表やディスカッション、理科と社会では実験・実習、レポートに力を入れる。

高1までは共通科目を履修し、高2から文系・理系に分かれ、希望進路を見据えた授業を展開する。

高3では多岐にわたる選択科目や問題演習を設定し、志望校号学に必要な実戦力を身につける。

なお、本校は文科省スーパーグローバルハイスクール指定校として、社会と連携したキャリア教育に力を入れている。

品川女子学院中等部の学校行事や部活動

クラブ活動は中高合同で、参加は自由。

バトン部、ダンス部、テニス部、弓道部、吹奏楽部、4種の弦楽器編成によるチェンバー・オーケストラ部などが人気を集めている。

行事では、伝統の文化祭が盛大に行われ、体育祭や合唱祭などとともに生徒会が企画・運営する。

ミュージカルやオーケストラ、歌舞伎などの芸術鑑賞も充実している。

中3の3月にニュージーランド修学旅行を実施する。

入念に事前学習を行い、ホームステイや現地校との交流などをして過ごし、異文化を肌で感じ取る。

8日間コースと3週間コースがあり、約9割の生徒が3週間コースを選択。

ほかに高1対象の短期(3か月)・長期(1年間)留学もある。

品川女子学院中等部の評判や口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

-

Copyright© ママペディア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.