女子聖学院中学の偏差値や評判を徹底解説

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/03/s-154.png
女子聖学院中学の偏差値や評判を徹底解説
実質倍率 2偏差値 45未満
電話番号 03-3917-2277
住所 北区中里3-12-2
最寄駅 駒込駅より徒歩7分
入学金 280,000
初年度費用 860,800
試験日 2/1,2/2,2/3,2/4,2/5




女子聖学院中学の入試情報

29年より日本語表現力入試、英語表現力入試(英語入試として28年に導入)を実施。

自分の思いをことばで表現する意欲的な生徒と、2科入試、4科入試で粘り強く努力してきた生徒とが、それぞれの力を入学後に発揮しあえるような入試となっている。

内容が多彩な学校説明会が人気で、29年の受験者総数は増加した。

女子聖学院中学の授業

6年一貫教育の中で、キリスト教精神に基づく知性と心の育成を目指す。

中高を通して毎朝の礼拝の時間や、週1時間の「聖書」の授業がある。

中学では基礎の徹底に重点を置きつつ先取り学習を進める。

英語はアクティビティを取り入れた参加型の授業で学習意欲を高め、帰国生・既習者対象のスペシャルアドバンストクラスの設置や、外国人講師による英会話授業の習熟度別クラス編成など、各自の理解度に応じた指導を展開。

国語はディベートを取り入れて論理的思考力や表現力を養う。

また各教科でプレゼンテーションの機会を多く設け、発信力もつちかう。

高2から文系・理系に分かれ、選択科目を組み合わせた志望別学習に移行、高3は演習中心の授業となる。

なお各自の学習支援のため、個別指導ブースや自習室などを備えたラーニングセンターを開設。

女子聖学院中学の学校行事や部活動

運動部では全国大会出場のチアリーディング部をはじめ、テニス部、ダンス部などが活躍。

文化部では全国大会で準優勝2回のディベート部、吹奏楽部、演劇部、コーラス部などが意欲的。

行事では文化祭が代表的で、ほかにも運動会、中1翠の学校、中2鎌倉見学、中3北海道修学旅行、クリスマス礼拝、花の日礼拝などがある。

中3の1年間、立教英国学院(ロンドン近郊)に在籍できる制度がある。

また高1希望者によるアメリカ・ホームステイは40年以上の実績をほこる。

高1・2対象のオーストラリアの提携校への留学(中期または長期)、中3~高2対象のフィリピン・セブ島でのマンツーマン語学留学(2週間)も実施する。

女子聖学院中学の評判や口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

-

Copyright© ママペディア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.