東邦音楽大学附属東邦中学の偏差値や評判を徹底解説

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/03/s-200.png
東邦音楽大学附属東邦中学の偏差値や評判を徹底解説
実質倍率 偏差値 45未満
電話番号 03-3946-9668
住所 文京区大塚4-46-9
最寄駅 新大塚駅より徒歩3分
入学金 180,000
初年度費用 785,600
試験日 2/1




東邦音楽大学付属東邦中学の入試情報

中学・高校は併設型で一貫教育をめざし、中学から高校へは内部進学確認診断を経て進学できる。

6年間で実技を磨けるとともに、音楽の基礎学習も充実している。

合否の判定は主に専門実技で、講習会や音楽アドバイスに積極的に参加し、実技の向上をはかり、受験に臨みたい。

作文の課題は試験当日に指定される。

東邦音楽大学附属東邦中学の授業

中学から大学院まで音楽の一貫教育を実施している。

中学では、音楽の早期基礎教育を実践し、一般教科の他に、音楽実技(ピアノ、声楽、管弦打楽器)をはじめ、音楽理論・合唱・合奏演奏などの音楽専門科目を設ける。

特に実技は個人指導を徹底し、大学・短大の教授陣もマンツーマンの形でレッスンにあたり、技術の向上に努める。

基礎となるフルフェージュでは、聴音・新曲視唱を習熟度に応じて指導する。

高校では、声楽・器楽(ピアノ、管弦打楽器)から1科目を専門として選択肢、きめ細かい個人指導により技術をみがく。

選択科目では音楽理論・音楽史・演奏法・ソルフェージュなどを学び、技術向上の理論的な裏付けをはかる。

さらに一般科目にも力を入れ、高3ではドイツ語を履修する。

なお系列大学・短大進学のための講習会も実施している。

東邦音楽大学附属東邦中学の学校行事や部活動

行事は、クラスコンサート、合唱コンクール、定期研究発表演奏会といった音楽行事が年間を通して多彩。

大学の音楽ホールなどの大舞台に立ち、ステージマナーを身につけるほか、大勢の聴衆から拍手をあびる喜びを経験する。

また地域音楽活動として都立病院や福祉施設への訪問、文京シビックホールでのミニコンサートを積極的に行っている。

模擬店などでにぎわう4月の学園祭も大きな楽しみ。

大学では必修科目、短大では選択科目として、オーストラリアの東邦ウィーンアカデミーで研修を実施している。

期間は半月間で、ウィーン国立音楽大学の教授をはじめ、一流の音楽家による演奏解釈(レッスンをふくむ)など、様々な研修を受ける。

また文化体験などのプログラムもある。

東邦音楽大学附属東邦中学の評判や口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

-

Copyright© ママペディア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.