文化学園大学杉並中学の偏差値や評判を徹底解説

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/03/s-225.png
文化学園大学杉並中学の偏差値や評判を徹底解説
実質倍率 2偏差値 45未満
電話番号 03-3392-6636
住所 杉並区阿佐ヶ谷南3-48-16
最寄駅 阿佐ヶ谷駅より徒歩8分
入学金 280,000
初年度費用 816,600
試験日 2/1,2/2,2/3,2/4




文化学園大学杉並中学の入試情報

29年は、一般入試に第3回を増設し、計8回の入試となった。

難進グローバル入試は計3回を前年同様すべて午後に実施し、倍率はほかの入試より高い。

A型入試では、試験後に問い合わせがあれば、個々の解答に対して解答に対して解説や講評を行う。

国語は記述問題が多く、問題を読み取り文章にする力が必要。

算数は基礎的な問題が多い。

文化学園大学杉並中学の授業

6年間を2期に分け、はじめの4年間で基礎をマスターし、後の2年間は希望進路に向けて応用力をみがく。

中学では、高度な先取り授業を展開する難関進学「グローバス」コースと、きめ細かい指導で学力を確かなものにする総合進学「シグネット」コースを設置する。

ともに英語は早期に発音法を習得し、外国人教師による会話授業などで「使える英語」を身につける。

高校は4コースに分かれ、ダブルディプロマコースは日本と海外両方の高卒資格を取得でき、進学先に海外の大学も視野に入れ、実践的な英語力の強化をはかる。

特進コースは国公立受験対応型のカリキュラムと早期からの手厚い受験指導で合格を勝ち取る。

国際コースは英語のみならず理系科目も充実しており、語学系・医療系などへの進学に向いている。

総合コースは多彩な選択科目により幅広い進路に対応する。

文化学園大学杉並中学の学校行事や部活動

運動部では全国大会準優勝の弓道部を筆頭に、卓球部、なぎなた部、ハンドボール部が活発。

文化部では吹奏楽部や音楽部などが頑張っており、書道部はコンクールで上位入賞。

行事では文化祭が盛大で、七夕祭、もちつき大会、書き初め席書大会など季節の行事が多いのも特徴。

また中2古都研修旅行(京都・奈良)、移動教室や校外学習も充実している。

中3の2月、約1週間の日程で全員参加のカナダ語学研修旅行を行う。

日頃の英語学習の成果を試す絶好の機会。

高校では、ダブルディプロマコース必修のカナダ・ホームステイ(約5週間)を実施。

ほか1~2週間のフィリピン・セブ島英語研修旅行があり、語学授業やボランティア活動に参加する。

文化学園大学杉並中学の評判や口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

-

Copyright© ママペディア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.