両国高等学校附属中学の偏差値や評判を徹底解説

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/s-12.jpg
両国高等学校附属中学の偏差値や評判を徹底解説
実質倍率 6.9偏差値 62
電話番号 03-3631-1878
住所 東京都墨田区江東橋1-7-14
最寄駅 錦糸町駅より徒歩5分
入学金 0
初年度費用 150,800
試験日 2/3




両国高等学校附属中学の入試情報

29年度は男子367名、女子415名の受験者数となり、男女とも前年より減少して実質倍率も下げたが、それでも男女平均で6,52倍と高い倍率を保っている。

併設校の両国高校は、国公立大、難関私大への高い合格率を誇り、約120年の伝統を持つ下町の進学校である。

両国高等学校附属中学の授業

中学では基礎学力の定着をはかり、特にすぐれた言語能力の養成を重視し、「考える国語」の時間で論文作成、評論研究やディベートなど多角的な指導を行い、すべての知的活動の基盤となる国語力を育成する。

英語では外国人講師による指導を取り入れ、中3では「実践英語」を週1時間設定し、コミュニケーション能力を高める。

数学では中1より少人数制授業を導入し、数学的な見方と考え方を養い、理科では実験・観察を多く行う。

高1・2では文系・理系のコース訳はせず、高3で文系・理系に分かれ講習中心の授業で大学進学に備える。

補習や長期休業中の講習など、学習支援制度も充実している。

両国高等学校附属中学の学校行事や部活動

運動部では、水泳部が強く、バスケットボール部やソフトボール部がある。

文化部では、都英語学術大会優勝の演劇部や、都高校文化祭出場の管弦楽部などもある。

体育祭、文化祭、合唱コンクールが伝統の三大行事。

春の遠足、夏の林間学校、冬の卒業研究発表会、早春の芸術鑑賞教室、球技大会がある。

中3の夏には、9泊10日でアメリカのユタ州を訪れ、現地の大学で海外語学研修を行う。

両国高等学校附属中学の評判や口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

-

Copyright© ママペディア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.