川崎高等学校附属中学の偏差値や評判を徹底解説

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/s-15-1024x768.jpg
川崎高等学校附属中学の偏差値や評判を徹底解説
実質倍率 4.3偏差値 58
電話番号 044-246-7861
住所 神奈川県川崎市川崎区中島3-3-1
最寄駅 川崎駅より徒歩20分
入学金 0
初年度費用 125,600
試験日 2/3




川崎高等学校附属中学の入試情報

適性検査では、小学校で学んだ基礎的な知識や技能を活用し課題を解決する力、考えを表現する力が必要。

面接では、勉学への意欲や目的意識、コミュニケーション力が見られる。

川崎高等学校附属中学の授業

中学では主要3教科に力を入れ、中3まで少人数制授業を実践、体験学習や課題解決学習で思考力・判断力・表現力を高める。

英語は外国人講師による授業を通して実践的な英語力を磨く。

高3で文系・理系に分かれ、国公立大・私立大に対応できるカリキュラムを編成している。

朝・放課後にeラーニングによる演習を行うほか、電子黒板機能付きプロジェクターや1人1台のパソコンを授業や課外学習に活用するなどICTの活用に積極的である。

週1回の補習、長期休業中の講習など、支援体制も充実している。

川崎高等学校附属中学の学校行事や部活動

部活は任意加入制で、一部は中高合同で活動している。

運動部には、陸上競技部やバスケット部、ソフトテニス部、バトミントン部があり、意欲的に活動。

文化部は、高校で書の甲子園入選の書道部、全国大会出場の放送部の他、吹奏楽部、美術部、茶道部などがある。

行事は、中高合同で行われる体育祭や文化祭が二大イベント。

中1では八ヶ岳へ自然教室、中3では関西方面への修学旅行などの宿泊行事がある。

中1・2イングリッシュキャンプは3日間の日程で実施し、英語でのスピーチやディスカッションに取り組む。

高校では、オーストラリアで語学研修や海外への修学旅行を計画。

川崎高等学校附属中学の評判や口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

-

Copyright© ママペディア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.