南高等学校附属中学の偏差値や評判を徹底解説

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/s-16-1024x768.jpg
南高等学校附属中学の偏差値や評判を徹底解説
実質倍率 6.8偏差値 61
電話番号 045-822-9300
住所 神奈川県横浜市港南区東永谷2-1-1
最寄駅 上永谷駅より徒歩15分
入学金 0
初年度費用 85,144
試験日 2/3




南高等学校附属中学の入試情報

適性検査では、読む量と記述する問題の分量が多い。

理科・社会等の知識を問う出題や算数の考え方を使う問題など、難度の高い問題もある。

南高等学校附属中学の授業

中高6年間を発達段階に応じて4期に分けて学習指導を行う。

中2の9月までは基礎学力の定着をはかり、主要3教科の授業を毎日実施、リスニング・計算・読書指導にも力を入れる。

英語と数学は少人数制クラスで、理科の実験・観察の授業はチームティーチングできめ細かく指導する。

また総合的な学習の時間(EGG)では、地元大学やJAXAと連携した講座やゼミなどを通してコミュニケーション力を育成。

中2の10月から中3の2月までは中学内容の確実な定着をはかるほか、中3で卒業研究に取り組む。

中3の3月から高1の12月までは発展学習を取り入れ進路の方向を定め、高1の1月から高3の3月には進路を見据えて応用力を高める。

南高等学校附属中学の学校行事や部活動

運動部には、陸上部や野球部、バレーボール部、女子バトミントン部、男子サッカー部がある。

文化部には、演劇部や科学部、吹奏楽部などがある。

行事は、6月に合唱コンクールや体育祭、9月には文化祭があり、他にも百人一首大会や中2イングリッシュキャンプなど楽しみが続く。

中3の10月に全員参加型のカナダ研修旅行がある。

バンクーバーにある姉妹校のポイント・グレイ・セカンダリー・スクールを訪れ、コミュニケーション力や国際的な視野を広げるのが目的。

南高等学校附属中学の評判や口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

-

Copyright© ママペディア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.