東京学芸大学附属世田谷中学の偏差値や評判を徹底解説

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/s-23-1024x768.jpg
東京学芸大学附属世田谷中学の偏差値や評判を徹底解説
実質倍率 2偏差値 61
電話番号 03-5706-3301
住所 東京都世田谷区深沢4-3-1
最寄駅 駒沢大学駅より徒歩25分
入学金 0
初年度費用 148,000
試験日 2/3




東京学芸大学附属世田谷中学の入試情報

試験では、基礎的な力に加えて論理的な思考力も求められる。

日頃より自分の考えをまとめ、それを明確に表現する力をつけることが望まれる。

報告書を提出する必要はないが、受験生本人が書く自己推薦書を提出する。

東京学芸大学附属世田谷中学の授業

学年・異学年合同・グループ・個別学習など、いろいろな学習集団で学習の深化と効率化をはかる。

中2・3を対象とし、自ら課題に取り組んで解決するテーマ研究と、決められた教科を学ぶ教科総合からなる総合学習、社会で生きていくための実戦力を養成する生活学習の3つがある。

生活学習ではコンピューターの使い方を中心とした情報教育や健康教育も行われる。

基本学習は火・木曜日を除き午前中に、総合学習や生活学習は午後に実施される。

東京学芸大附属高校へは3附属中で進学できる枠があり、進学試験などにより判定される。

高校では私立進学校のようなコース分けはなく、高3に導入される選択科目で進路に対応する。

東京学芸大学附属世田谷中学の学校行事や部活動

部活の活動は週2回で、土曜日の活動は月2回まで。

春休みと夏休みにも数日間活動する。

運動部には野球部やサッカー部、文化部にはブラスバンド部や科学部などがある。

行事は、運動会や芸術発表会などがある。

多くの行事は役員会と各クラスの専門委員で構成される生徒会が中心となり。生徒が自主的に企画・運営する。

中1オリエンテーションキャンプや中2林間学校、中3修学旅行では京都・奈良を訪れる。

他に、中2地学実習、テーマ研究発表会、3年生を送る会などがある。

東京学芸大学附属世田谷中学の評判や口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

-

Copyright© ママペディア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.