横浜国立大学教育学部附属横浜中学の偏差値や評判を徹底解説

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/s-27-1024x768.jpg
横浜国立大学教育学部附属横浜中学の偏差値や評判を徹底解説
実質倍率 3.1偏差値 52
電話番号 045-742-2281
住所 神奈川県横浜市南区大岡2-31-3
最寄駅 弘明寺駅より徒歩1分
入学金 0
初年度費用 174,600
試験日 2/3




横浜国立大学教育学部附属横浜中学の入試情報

入試日は29年度も県立、横浜市立、川崎市立の中高一貫校と同じ2月3日に実施。

入試は、各科目とも標準的な基本知識を聞く問題。

国立校なので教育課程から大きく逸脱することはないが、幅広い知識をつけておくことが大切。

横浜国立大学教育学部附属横浜中学の授業

平成24年度より、県立光陵高校との間で連携型中高一貫教育を行う制度を導入。

また横浜国立大学とも連携をはかり、大学教員による学習指導や、大学の施設を利用した教育活動を展開する。

数学ではレポートの作成と発表、社会でも仮設を立てて発表するなど、表現力や記述力を鍛える機会が多い。

一人一台のパソコンや相互型電子黒板を活用した授業も特色。

なお、光陵高校へは過大レポートとそれにもとづく面接、中学校長への推薦などにより「連携枠(募集数の上限は1クラス相当)」で入学できるが、それ以外の生徒が高校受験する必要がある。

横浜国立大学教育学部附属横浜中学の学校行事や部活動

10の部があり、活動日は平日週3日以内で、中には複数の部に籍をおく生徒もいる。

運動部では、女子バレーボール部、剣道部、バスケットボール部、野球部、サッカー部などがある。

文化部では、吹奏楽部、美術部、将棋部などがある。

行事は、中1の3泊4日スキー教室があり、専属コーチによる少人数指導で基本的なテクニックを習得できる。

中2の秋には2泊3日の校外学習で、日本の豊かな自然と伝統的な生活文化を体験。

中3の修学旅行(3泊4日)は西日本方面に出かける。

他にも、体育祭・学芸会の二大イベントをはじめ、留学生との交流会、特別支援学校との交流会、光陵高校・横浜国立大学訪問なども実施されている。

横浜国立大学教育学部附属横浜中学の評判や口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

-

Copyright© ママペディア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.