公文国際学園中学の偏差値や評判を徹底解説

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/s-41-1024x768.jpg
公文国際学園中学の偏差値や評判を徹底解説
実質倍率 1.8偏差値 57
電話番号 045-853-8200
住所 神奈川県横浜市戸塚区小雀町777
最寄駅 大船駅よりバス8分
入学金 270,000
初年度費用 915,600
試験日 2/1,2/3




公文国際学園中学の入試情報

1日のA入試は「国語・算数」「国語・数学」「国語・英語」の中から選択する2科入試、3日のB入試は「国語・算数・理科・社会」の4科入試となり、国語が必須となる。

公文国際学園中学の授業

中1・2では基礎学力と学習習慣の定着に努める。

英語は、入学前の英語経験の程度によってクラスを分割したり、少人数制授業で学習を進め、外国自分教員と日本人教員による指導で「読む・書く・聞く・話す」力をバランスよく修得する。

週1回、公文式放課後教室(中2までは主要3教科から1教科必須)があるのも特色。

中3・高1では高校の基礎内容を中心に学び、数学は中3、国語は高1から習熟度別授業を取り入れ、学習の充実をはかる。

高2・3には選択授業の枠を広げ、個々の希望進路に合わせた自由度の高いカリキュラムを編成し、さらに早稲田大学との連携による講義や学習サポート、難関大学受験者対象の高3放課後学習ゼミと設けるなど、支援体制も充実している。

公文国際学園中学の学校行事や部活動

部活は、全国大会・関東大会に出場する部が多数ある。

行事は、体育祭と表現祭、中1のふれあいキャンプや中1寮体験プログラム(通学生・4か月)、中2冒険型体験学習、生徒の企画・投票で決定した6テーマからなる中3日本文化体験など体験学習を重視している。

高2の9月に国内外の大学を訪れるLEE(英語で学ぶ総合学習、全員参加)を実施する。

大学生と英語でディスカッションやフィールドワークなどを行い、国際社会で活躍するための感性を磨く。

またアメリカやオランダなどで行われる模擬国連に毎年数十年を派遣している。

公文国際学園中学の評判や口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

-

Copyright© ママペディア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.