中央大学附属横浜中学の偏差値や評判を徹底解説

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2018/01/noimg.png
中央大学附属横浜中学の偏差値や評判を徹底解説
実質倍率 3.3偏差値 55
電話番号 045-592-0801
住所 神奈川県横浜市都筑区牛久保東1-14-1
最寄駅 センター北駅より徒歩7分
入学金 290,000
初年度費用 1,042,200
試験日 2/1,2/2




中央大学附属横浜中学の入試情報

入試では、4科目をバランスよく得点でき、ケアレスミスを防ぐことが大切。

中央大学附属横浜中学の授業

中学では主要3教科に多くの時間を割き、中3の2学期からは高校範囲の先取りをする。

またノート点検、小テスト、特別講習などを通して基礎学力を養う。

国際理解教育とともに理数教育にも重点を置き、数学の授業では毎回小テスト、理科の実験にも力を入れている。

高校では、高2から文系・理系に分かれ、高3の1学期までに高校の全過程を修了する。

高3の2・3学期では、希望進路に応じた「特色化プログラム」を展開、中央大学への推薦入学者にはゼミ形式の授業や高大連携講座、他大学受験生には受験科目の集中授業などを用意する。

中央大学附属横浜中学の学校行事や部活動

運動部は、全国大会出場の陸上競技部、関東大会銀賞のバトン部、バスケット部などが強い。

文化部は、手芸部や演劇部など、同好会は山岳同好会や球技歌留多同好会などがある。

行事は、学園祭と体育祭が代表的なイベント、他にも中1宿泊オリエンテーション、中2・3遠足、中1・2林間学校、中1・2スキー教室、中3研修旅行がある。

中2の希望者を対象に、ニュージーランド短期研修を実施し、ホームステイを通して国際感覚を養い、英語力に磨きをかける。

高1でも希望制のカナダ研修があり、現地の大学生の共同生活を体験できる他、高2では全員参加のシンガポール研修旅行がある。

中央大附属横浜中学の評判や口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

-

Copyright© ママペディア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.