日本女子大学附属中学の偏差値や評判を徹底解説

https://nextad-sakubun.com/wp-content/uploads/2017/12/s-62-1024x768.jpg
日本女子大学附属中学の偏差値や評判を徹底解説
実質倍率 2.9偏差値 55
電話番号 044-952-6705
住所 神奈川県川崎市多摩区西生田1-1-1
最寄駅 読売ランド前駅より徒歩10分
入学金 250,000
初年度費用 871,000
試験日 2/1,2/3




日本女子大学附属中学の入試情報

問題の傾向は、第1回・第2回とも同様である。

そのため併願受験者の方が取り組みやすく有利である。

11月の入試問題解説会では、受験生が間違えやすいポイントについて解説している。

日本女子大学附属中学の授業

英語・数学・国語・理科など一部の教科では、1クラスに2人の教師がつき、少人数分割授業やチームティーチングを展開している。

学習活動は実験・実習を重視し、個人用に顕微鏡・パソコン・ミシンを備えるなど教育設備が充実している。

高校では高入生と混合クラスになり、文系・理系を区別しないカリキュラムを採用。

高1・2では理科や芸術をのぞき、全員が共通科目を履修する。

高3には週8時間の選択講座を導入し、併設大学以外の進学にも柔軟に対応する。

日本女子大学附属中学の学校行事や部活動

文化部に、演劇部やミュージカル部、コーラス部が充実した施設を利用しレベルの高い舞台発表を行う。

運動部は、全国大会出場の硬式テニス部をはじめ、バレーボール部などが活発。

行事は、運動会や十月祭、音楽会、球技会などがある。

校外行事は、中1軽井沢寮生活や中2東北校外授業、中3選択校外授業、スキー教室が行われる。

高2・3の夏休みに希望者を対象とした語学研修がニュージーランドのダニーデンで約3週間実施。

一般家庭にホームステイしながら語学学校に通う。

日本女子大附属中学の評判や口コミ

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

-

Copyright© ママペディア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.